特別養子縁組を前提に養子に出される事になった赤ちゃん

2018年4月に里親担当の方から電話がかかってきました。

(里親担当)
明日こちらへ来てもらえますか?

用件はおおかた予想してはいたのですが、恐る恐る聞いてみました。

(わたし)
何の件でしょうか?

 

(里親担当)
委託の件で

短く返答があり、それ以上は明日行けばわかるので

 

(わたし)
わかりました。

とだけ答えて、時間だけ確認してすぐに電話を切りました。

 

翌日緊張MAXで、主人と二人で児童相談所まで行きました。

 

話を聞くと、特別養子縁組を前提に養子に出されることになった赤ちゃんがいる。性別は多分男の子、来月生まれるというのだ。来月って、来るときは突然来るという事だったがまたもや突然!!

 

これってコウノトリが私たちのところへ赤ちゃんを運んできたって事なん?

 

養子に出されるに至ったごく簡単な説明を受け、今のところ実母側は、養子に出す気持ちは固いと思われるがでもそれは今の気持ちで、決して必ずと約束できるものではないとの事。

 

新生児委託なんて滅多にあるもんじゃないし、待っている夫婦はたくさんいるのだ。私たちは、行列のずっと後ろの方に並んでいるのかと思っていたのに・・・・目の前に並んでいた多くの人たちが、さっと消えたかのような瞬間でした。

うちでいいんですか?選んでくれてありがとうとしか言葉が出てこない。

受け入れる事になれば、実母が出産後数日たって産院を退院すると、入れ替わりに私が母役となり数日赤ちゃんと産院で過ごしてから、私と赤ちゃんと一緒に帰る事になるんだって。私が母親?すごい違和感、それは心地のよい違和感でした。