赤ちゃんがやって来るかもしれなとわかって考えた事

新生児の打診を受けた翌日、里親担当の方へ是非お願いしますという連絡を入れた。

実母の気持ちのが変わると、この話はなくなるかもしれない。そういった理由で、赤ちゃんが来た時に用意しないといけないベビー用品などはまだ一切買わない事にした。そして、気持ちがあまり高まりすぎるといけないので赤ちゃんについて考える事はやめた。

でも、ちょっとだけ考える事にした。その理由は赤ちゃんがやってくるかもしれないその事実が消えてしまわないうちに、そこに浸りたいという気持ちからだ。

この暮らしが、子供が来ることによってどう変化するのだろうか?
ずっと主人と二人で暮らしてきた。あっ、二人じゃなくってワンコも一緒。

想像してもぼんやりとしか浮かばない。でも、あまり考え過ぎないようにしなくては。

とりあえず、身内や数人の親しくしている人や会社の子たちには事実そのままを伝えやって来た時の心の準備と、話が消えた時の心の準備をした。

話がなくなるという事は、実母と一緒に暮らせる環境になったという事。本当は喜ばないといけないのだと自分に言い聞かせながら。