子連れハワイ失敗編その①(1歳1か月)飛行機の中で大泣き。



2019年7月、一足早い夏休みという事で、私たち夫婦と息子(1歳1か月)とハワイ(ホノルル)へ行ってきました。事前に色々調べて、準備は万全!と思っていたのですが、子連れならではの思わぬ落とし穴にずぼずぼと何度もはまってしまい予定が大幅に狂った、てんやわんやの旅になったのでした。

この記事を読んでくださった方は、私たちのような失敗をしないようにして下さいね。といっても解決が難しい点もあるので、覚悟をしていってもらいたいです。

 

子連れハワイ失敗編その②(1歳1か月)レンタルベビーカーに乗らない息子!持参がおすすめの理由。

2019年8月8日

 

初日、国内線~羽田までの便は2歳以下の小さなお子様連れの方に当てはまり、優先搭乗となりました。たまたま、他に該当する方々がいなかったため、私たちが最優先搭乗となりました。なんとスムーズな搭乗!幸先良いじゃん。てな感じで気分は上々でした。そして、国内線では、主人と私の膝の上に息子を順番に乗っけて息子は寝てくれていたので、さほど苦労せずに、羽田まで到着しました。

さて、今回は羽田経由で行ったので、ANA エアバスA380 FLYING HONU(フライングホヌ)空飛ぶウミガメには乗っていません・・・

 

何故か行く前に、色々な人に ウミガメの機体に乗るの?って聞かれた。私もアレに乗りたかったんですが、なんせ、羽田の方がアクセス良いいんだよね。次は乗ってみたいです。

今回は、羽田発のプレミアムエコノミーで行ってきました。

座った感覚は見た感じよりずっと余裕に感じられます。この写真は1歳1か月の息子と一緒に並んで座ったものです。実はちょっとキツイんですが、結構大丈夫そうです。

今回、プレミアムエコノミーのシートは2列あって、右側2席、中央3席、左側2席 でした。行きは、右側の2席 後ろ側の席でした。エコノミーだと、シートを後ろに倒すのは、後ろの人の空間に大きく侵入してしまう為、すごく気を使いますが、プレミアムエコノミーだとシートを倒しても、さほど後ろの席に影響を与える事はなさそうです。前の人がシートを倒してきても、あまり気になりませんでした。行きは後ろが壁になっていたので、シートを倒す事については、全く気にする必要はなかったのですが。

 

スリッパついていました!! ちょっと薄いブルーのものが見えてるのは、なんと小さい靴ベラです。

 

 

それから、ポーチらしきもの?もらいました。

 

袋を開けるとこんな感じ。空飛ぶウミガメのデザインです。残念ながら私たちの乗った機体はウミガメじゃないんだよね。

 

最初のうちは息子も何かと珍しいのか、大好きなボタンを触ったりしながら大人しくしていて余裕だったんですが、

 

乗ってから2時間ぐらい経った頃から、しんどくなってきたのかグズグズしだしました。まぁ、そのぐらいは想定内だったので、絵本やおもちゃを使ってあやしていたのです。

 

ところが、なんだか全然泣き止みません。それどころかヒステリーをおこして体をそり返して泣き叫びだす始末。食事をする時は大人しくなりましたが、そのまま、着陸2時間ぐらい前まで泣きどおし。ホント、周りの方には大変迷惑をかけたと思います。私たちのしんどかったけど、周りの人もしんどかったやろう。だっこをするといくらか大人しくなるので席の横に立って、順番に抱っこをしていまいた。順番といっても主人の方がいっぱい抱っこをしてくれていました。

 

子供用の食事は事前に申し込みが必要だったので頼んでおきました。

 

行きの最初の食事は、おっとびっくり!どろどろの離乳食なのにトレーにはたっぷたっぷで、たっぷりの量が入っていました。ベビーちゃんにはかなり多いよ。食べられないものがあった場合の為かな?メインのやつを1/3ほど。そしてヨーグルトを半分ぐらい食べました。えっと、私じゃありませんよ。食べたのは息子。

それから、到着前の食事もあったのですが、眠っていたため、起こしたくなかった為、貰っていません。

 

まだミルク以外の水分はあまり飲みたがらないのと、哺乳瓶でしか飲んでくれないので、途中で、一回フォローアップミルクをCAさんに作ってもらいました。哺乳瓶とこのスティックを4本渡して200㏄作ってくれるようにお願いしました。

普段は、うちでは、このぐんぐんのフォローアップミルクの缶のタイプを飲んでいます。だいたい一度に200㏄~250cc 一日3回ぐらい飲むんですが、飲んだ後、もっと欲しいと泣きます。多分もっと欲しいと言っているのではなく、哺乳瓶を取り上げられるのが嫌なだけだと思います。

 

スティックタイプで持ち運びに便利。1袋は50ccです。

 

 

抱っこしていないと、酷く泣くので、夫婦の食事は喉に詰まるように早めに順番にさっさと済ませましたがなかなか美味しかったです。メインメニューはウナギでした。

飛行機の中では、私たち夫婦は一睡もできず、そしてトイレに行く余裕さえもありませんでした。

息子はあまり泣かないだろうと安易に考えていた

家に居る時も、すごく泣いていましたが、他の赤ちゃんと比較する事もなかったので、赤ちゃんってそんなものだと思っていたのですが、それぞれ様子が違うようで・・・うちの子以外にも、同じぐらいの赤ちゃんは10人程は居たと思います。ずっと後ろの方の席の子はよくわかりませんが、他の赤ちゃんよりはうちの子、ダントツで泣いていました。

 

今までの飛行機での経験で、赤ちゃんの泣き声が気になって困った時って無かったんです。そんな記憶はないんです。それですなわち、飛行機では息子はあまり泣かないだろうと、たかをくくっていた訳で、見事に撃沈しました。次、飛行機に乗る時には、言ってわかるような年頃になってないと無理やなぁ。思いました。海外旅行ってそうしょっちゅう行くものじゃないので、次回行く頃には、泣き虫は卒業していることでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ  
ランキング参加中です!! 応援どうぞよろしくお願いします。




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

専業主婦 デイトレしてます。 夫 息子(2歳) ワンコの4人家族。 小さな利益を積み重ねていく手法をとっています。デイトレで扱う銘柄はSoftBankグループのみです。